試験対策アプリ 頻出キーワード
から学ぶ
講習会テキスト
をもとに学ぶ
本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

公認心理師試験対策

公認心理師試験のための「対策アプリ」と「学習方法」を紹介しています。
  1. 第5回公認心理師試験日は7月17日に終了し、8月26日(金)に合格発表されました。

  2. 対策アプリには「第1回〜第4回までの過去問とその解説」が収録されています。
  3. 第1回〜第4回の公認心理師試験の出題から「頻出キーワード」を抽出しています。
  4. 参考書「公認心理師試験 出題実績から学ぶ頻出キーワード」が発売されました【立ち読みへ】。編集に協力いたしました。

公認心理師試験対策アプリ

 公認心理師試験として4つの対策アプリを紹介します。スマフォ、タブレット、PC対応)から利用可能です。
 アプリの本格利用前に、『無料体験版』を試すことができます。

  1. 公認心理師試験:対策問題集
     過去問を分析した「頻出キーワード」の問題と、法律を中心とした問題集です。キーワード全389個のランキングの閲覧が可能です。
  2. 【過去問】 公認心理師試験
     過去5回分(第1回、1回追加〜第4回試験)の試験問題と解答、及び【解答の解説】が含まれています。
  3. 基礎心理学
     試験対策の前提となる「基礎心理学」の基本的な知識を身に付けるためのドリルです。
  4. 臨床心理学・統計
     試験対策の前提となる「臨床心理学」と「統計・研究法」の基本的な知識を身に付けるためのドリルです。

 問題集は「2種類のアプリ」で提供しています。問題内容は同一ですが、アプリ運営先の機能等の違いにより利用料が異なりますので、ご確認ください。両方とも無料問題が試せます。

<1. 資格対策アプリ><2. プチまなアプリ>
アプリ毎に月額500アプリ毎に月額550
  1. カード決済のみ
  2. 【過去問】の試験時間の制限付き機能
  1. カード、コンビニ、ドコモ/au決済
  2. 苦手問題の出題、全国ランキング機能
4つの試験対策アプリの確認は、まとめて下記をクリック。
  1. 公認心理師試験対策アプリ
    (共通URL)
4つの試験対策アプリの確認は、個別に下記URLをクリック。
  1. 公認心理師試験対策
  2. 【過去問】公認心理師試験
  3. 基礎心理学用語ドリル
  4. 臨床心理学用語ドリル

 ※注:当サイトは問題集のみを提供しており、アプリの利用やお支払等については各アプリの運営先が管理しております。それらについては各アプリのサイトでご確認ください。

 ※ 過去の試験問題の正答は厚生労働省から発表された資料に基づいています。
 ( 厚生労働省公表: 公認心理師試験の正答



公認心理師試験のための学習法

 公認心理師試験のための心理学用語を学ぶ方法として下記の3つをまとめています。
 高額な有料の対策講座などではなく「このサイトを読んで学ぶ」ことでも十分試験対策はできます。
 模擬試験を受けるのは一つですが、”繰り返し”心理学用語とその内容と学ぶ事が試験対策の王道かもしれません。

  1. 過去問の頻出キーワード」から学ぶ:
     短期集中の学習や直前の復習・弱点の対策に。
  2. 現任者講習会テキスト」をもとに学ぶ:
     網羅的・体系的な学習や、現任者講習会の復習に。
  3. 「本サイトをまとめた書籍」をもとに学ぶ:
     紙面で学びたい方。体系的な学習と頻出キーワードの両方を学べます(大型書店、出版社サイトアマゾン楽天ブックス)。

過去問の頻出キーワードから学ぶ

 過去5回(第1回〜第4回)の公認心理師試験問題から作成した頻出キーワード「トップ100です。
 上位ランキング(全ランキング/分野別ランク)から集中的に学習できます。

  1. 対策アプリ「公認心理師試験対策」をご利用されている方々は、頻出キーワード「全389個のランキング」が閲覧できます。

  2. 学びやすさから、頻出キーワードには「用語」と「用語群(グループ化)」の両方が含まれます。

  3. キーワードの「分類」でフィルタできます(スマフォの場合は、横にスクロールすると分類が見えます)。

 (テーブル内をスクロールできます)





現任者講習会テキストをもとに学ぶ

 公認心理師現任者講習会テキスト[2019年版]に対応させて、公認心理師に必要な心理学用語をまとめています。テキストに記載されておらず出題された用語には( )が付いています。

 本サイトを「まとめた書籍」もご利用ください(大型書店、出版社サイトアマゾン楽天ブックス)。


 I 公認心理師の職責
公認心理師の職責概要 職業倫理
資質向上の責務
 II 関係行政論
II−1 保健医療
医療法 精神保健福祉法
障害者総合支援法・障害者差別解消法 医療観察法・医療保険・医療倫理
健康増進法
II−2 福祉
児童福祉法 児童虐待防止法
子どもの貧困対策法
老人福祉法・介護保険法 高齢者虐待防止法・認知症施策
高齢者に関する動向
配偶者暴力(DV)防止法 性同一性障害者特例法
ひきこもり支援 生活保護・生活困窮者自立支援
II−3 教育
学校教育法・いじめ防止対策推進法等 教育における行政の動向
教育分野における心理学の枠組み 特別支援教育
学校保健安全法
II−4 司法・犯罪
少年法 家事事件手続法等・(司法面接)
犯罪者処遇・保護観察犯罪被害者等基本法・裁判員制度
II−5 産業・労働
労働契約と労働三法 労働安全衛生法
労働災害・ハラスメント対策 労働派遣法
育児介護休業法男女共同参画社会基本法
 III 精神医学を含む医学
心身機能と身体構造 主要な身体的疾病
がん・難病等の心理的支援 グリーフケア・ターミナルケア
精神疾患総論:「精神病理」参照 向精神薬
 IV 心理的アセスメントと支援
IV−1 心理的アセスメント
アセスメントのアプローチ アセスメントのための姿勢
アセスメント方法 アセスメント要請と実践
「心理検査」を参照
IV−2 支援
心理療法の選択 統合的アプローチ
「心理療法」を参照
 V 基礎心理学
「統計・研究法」を参照 「基礎心理学」を参照




第5回公認心理師試験日は7月17日)まで、『残り 』です。