本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

心理学用語集: 遊戯療法

2 - 心理療法箱庭療法・遊戯療法 > 42- 遊戯療法

 「遊戯療法」(プレイセラピー)とは、子供を対象とし、遊びを通して内的世界を表現させる心理療法です。
子供は言語能力の発達が不十分であるため、遊びを通した子供向けの自由連想法ともされます。


一般的な方法と特徴

 遊戯療法では、子供は自由で安全な空間であり玩具や遊具を備えた「プレイルーム」などで行われます。
セラピストは、子供の主体性を尊重して受容的に接します。そうすることで、子供はそのまま受け入れてくれる存在を感じることができ、言語・非言語表現を豊かに展開することが可能になるとされます。
また、セラピストの「Joint Attention(共同注意)」の心理的位置取りが、子供にとって世界を共有する他者の存在を感じられることになるとされます。

Joint Attention(共同注意):

 他者と同じものに注意を向け、情報を共有・伝達するための行動システムのことです。相手と同じイメージを共有しているという「間主観性」(相互主観性)が成立している必要があるとされます。

遊戲療法の効果:

遊戲療法の効果としては、下記のようなものがあるとされます。

  1. こどもの抱える欲求や葛藤に対するカタルシス効果
  2. 主体性や能動性など教育的要素の獲得
  3. セラピーとの関係構築による自己の感情調節や社会的適応力の習得

代表的な遊戯療法

 代表的な遊戯療法としては、Axline,V.M(アクスライン)の児童中心療法や、Freud, A.(アンナ・フロイト)とKlein,M.(クライン)の精神分析的遊戯療法があります。

アクスラインの遊戯療法:

 アクスライン(Axline,V.M)は、非指示的なクライエント中心療法を子供に当てはめた児童中心療法を提唱しました。アクスラインは「遊戯療法における8原則」を定めました。

  1. ラポールの形成(あたたかい友好的な関係をつくる)
  2. あるがままの受容(あるがままの姿を受容する)
  3. 受容的な雰囲気(受容的な感情をもつ)
  4. 情緒の察知(こどもの感情を敏感に察知し、伝えかえす)
  5. 責任を持たせる(選択し変化するかどうかの責任はこどもにある事を尊重する
  6. 非指示的な態度(非支持的な態度でのぞむ)
  7. 治療はゆっくり進む(こどもの変化には長い時間を必要とし、進行を急がない
  8. 必要な制限は持たせる(こどもの変化に必要な制限を時として与える

アンナフロイトの遊戯療法:

 自我心理学派とされるアンナフロイト(Freud,A.)は、無意識の直接解釈は児童に対しては困難と考え、自我の自立性や適応機能を重視しました。
 そのため、遊戯療法においては、親や教師との連携が不可欠であると考え、セラピストによる現実的な介入を行いました。

 
クラインの遊戯療法:

 クライン(Klein,M.)は、超自我が形成されるのはフロイトの考えた年齢よりも早く、3歳くらいのこどもにもすで形成されていると考えました。リビドーの抑圧に注目し自由連想法と同様に、遊戯療法においても解釈を行います。
簡素な部屋とおもちゃ」を用いて、こどもが遊びを通して示す不安を言語によって解釈することで、こどもは洞察を深めることが可能であると考えました。



2 - 心理療法 > 箱庭療法・遊戯療法 >





バナースペース