本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

心理学用語集: 睡眠障害・依存症

3 - 精神病理摂食障害・睡眠障害・依存症 > 63- 窃盗症

 ここでは、DSM-5の秩序破壊的・衝動制御・素行症群のうち、「窃盗症」についてまとめます。


窃盗症

 窃盗症とは、経済的利得目的以外で、窃盗行為を反復的に実行する障害とされます。
 DSM-5における診断基準としては以下が挙げられます。

  1. 個人用に用いるためでも、金銭価値のためでもない。
    物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される。
  2. 窃盗におよぶ直前の緊張の高まりがある。
  3. 窃盗に及ぶときの会館、満足、開放感がある。
  4. 窃盗は、怒りや報復を表現するためでなく、妄想や幻覚への反応でもない。

 窃盗行為が持続する「期間」は診断期間には含まれていません。




3 - 精神病理 > 摂食障害・睡眠障害・依存症 >





バナースペース