本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

心理学用語集: 睡眠障害・依存症

3 - 精神病理摂食障害・睡眠障害・依存症 > 62- 睡眠障害・依存症

 ここでは、DSM-5の「睡眠-覚醒障害群」と「物質関連障害および嗜癖性障害群」(嗜癖:しへき)についてまとめます。


睡眠-覚醒障害群

 睡眠-覚醒障害群には、「不眠障害」、「過眠障害」、「ナルコレプシー」に加え、「呼吸関連睡眠障害群」、「概日リズム睡眠-覚醒障害群」、「睡眠時随伴症群」が含まれます。

 睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、レム睡眠では、骨格筋の緊張を抑制し運動器を休めますが、脳は活動しており、急速眼球運動(REM:rapid eye movement)が生じます。
 睡眠の時間には個人差がありますが、加齢により睡眠時間は短くなり、睡眠効率は低下します(関連:「脳波と睡眠」)。


不眠障害:

 不眠障害の診断基準としては、
「入眠困難」、「中途覚醒・睡眠持続困難」、「早朝覚醒」の1つ以上が、1週間で3夜以上、3ヶ月間持続することです。

 日本の成人の20%が何らかの不眠の訴えを持っており、不眠障害の診断は6%程度とされます。不眠の原因は、下記の5つ(5P分類)の複合因とされています。

  1. 身体的(Physical: 疼痛、かゆみ、せき、頻尿など)
  2. 生理的(Physiological: 環境や生活時間帯)
  3. 心理学的(Phycological: ストレス、気がかり、緊張など)
  4. 精神医学的(Phychiatric: うつ病などの精神疾患)
  5. 薬理学的(Pharmacological: 薬物の副作用や離脱、カフェインやニコチン摂取)

 不眠障害の援助方法としては、「睡眠衛生指導」が基本となります。また「薬物療法(抗不安薬・睡眠薬)」も併用し、不眠に対する「認知行動療法(CBT-I:Insomnia)」や「リラクセーション法(漸進的筋弛緩法)」が推奨されます。

 ( 補足: 睡眠衛生指導


ナルコレプシー:

 ナルコレプシーは、抑えがたい睡眠欲求、うたた寝する時間(数十分程度)の反復が起こる障害であり、カタプレキシー(情動脱力発作:笑いなどによる筋緊張の消失)を特徴とします。睡眠麻痺(金縛り)、入眠時幻覚などもあります。
 日本では600人に1人、10歳代で好発するとされています。患者は、脳脊髄液中のオレキシン濃度が低く、それが原因に関連していると考えられています。

 ナルコレプシーの援助の方法としては、「睡眠衛生指導」や、計画的な昼寝やカフェインの摂取の工夫を行います。また、過眠症状に対する精神刺激薬、カタプレキシーに対する抗うつ薬を使用した薬物療法を行います。



物質関連障害および嗜癖性障害群

 薬物やアルコールに対する依存症は、DSM-5において「物質関連障害および嗜癖性障害群」に分類されます。アルコール、大麻、タバコ等の10個の対象による障害、ギャンブル障害などが含まれています。
 大きく「物質使用障害群」と「物質誘発性障害群」に分類されます。

  1. 物質使用障害群:
     物質を大量に長期間使用することなどによる不適応な状態。行動的・認知的な障害。(診断名:アルコール使用障害、大麻使用障害など)
  2. 物質誘発性障害群:
     物質の摂取や中止による、気分不安定、協調運動障害、手指振戦、一過性錯覚、不眠などの特異的な症状。「中毒」(摂取症状)と「離脱」(中止症状)がある。(診断名:アルコール中毒、アルコール離脱、カフェイン中毒など)
薬物依存とアルコール依存:

 薬物依存とアルコール依存における特徴や留意点を記載します。

  1. 乱用とは「社会的な許容範囲を超えて自己使用する事」であり、依存とは「乱用の繰り返しの結果、自己コントロールできずにやめられない状態」。
  2. 依存には「身体依存」(身体の変化が生じて無いと離脱症状が出てしまう)と「精神依存」(自制が働かなくなった脳の障害)がある。

    ( 詳細: 薬物の種類と特徴

  3. 薬物依存においては、「半減期(薬成分の血中濃度が半減するまでの時間)」が短いものほど、乱用しやすいとされる。抗不安薬・睡眠薬の副作用にも依存症状があるため使用方法に留意する。
  4. 乱用をやめた後に何かの刺激によって再び幻覚・妄想などの精神異常が再燃する「再燃現象」がある。
  5. アルコール依存は、依存症であることを本人が「否認」する特徴がある(自分が悪いのではないという主張も含まれる)。
  6. アルコール依存は、飲酒を容認することで家族や上司など周囲の者がイネーブラー(依存の支え手)となる事があるため、明確に問題行動を伝え、医療機関へ受診させる。
    例)たびたび酒気帯びで出社してくる社員が「次から飲まない」と言う事に対して、上司が注意・指導で様子を見る事もイネーブラーとなり得ます。そのため、治療しなければ降格や失職の可能性もある事を社員に明確につたえます(参照)。
アルコール関連障害のスクリーニング:

 アルコール関連障害のスクリーニングのポイントには、「ほぼ毎日飲酒している、飲み方に異常がある、離脱症状が存在する、生活に支障がある」のほか、「γGTP高値」などがあります。スクリーニングテストとして、「CAGE」、「KAST」、「AUDIT」などが用いられます。


ギャンブル障害(ギャンブル依存等):

 ギャンブル障害は、臨床的に意味のある機能障害または苦痛を引き起こすに至る持続的かつ反復性の問題賭博行動です。
 下記のような特徴があるとされます。

  1. アルコール使用障害、パーソナリティ障害、気分障害(うつ病)、不安障害といった精神疾患の合併が多い。
  2. 虐待(被害・加害の経験)、自殺、犯罪などの問題と密接に関連している。

依存症等の援助方法:

 依存症等に対する援助の方法としては、「動機づけ(動機づけ面接法)」、「個人・集団心理療法(認知行動療法など)」、「自助グループ(断酒会、AA)」などの組み合わせで行います。
 その上で、「抗酒薬(シアナミド)」や飲酒渇望抑制薬などによる薬物療法が追加されることもあります。
 「AA」は、匿名によるアルコール依存症者の自助グループ、「NA」は匿名による薬物依存症者の自助グループ、「DARC(ダルク)」は、薬物依存症リハビリテーションセンターを表します。

 援助においては、行動変容ステージ(行動変容の段階)に応じて介入を行います。

 行動変容ステージモデルとは、人が行動を変える場合は「1.無関心期、2.関心期、3.準備期、4.実行期、5.維持期」の5つのステージを通ると考えます(引用)。
 すべてのステージで、下記のような心理教育や心理的な働きかけが求められます。

  1. 無関心期(6か月以内に行動を変えるつもりがない):
     身体活動のメリットを知る、このままだとまずいと思う、周囲への影響を考える
  2. 関心期(6か月以内に行動を変えるつもり):
     身体活動が不足した自己をネガティブ、充足した自己をポジティブにイメージする
  3. 準備期(1か月以内に行動を変えるつもり):
     身体活動を統制できる自信を持つ、周囲へ行動変容を宣言、行動変容の計画を立て始める
  4. 実行期(行動を変えて6か月未満である):
     不健康から健康への行動置換、周囲の支援の活用、行動継続へのご褒美、継続しやすい環境づくり
  5. 維持期(行動を変えて6か月以上である):
     実行期の活動を維持、継続する


3 - 精神病理 > 摂食障害・睡眠障害・依存症 >





バナースペース