本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

心理学用語集: 精神症状

3 - 精神病理精神症状と診断 > 11- 精神症状

 精神障害とは、「精神や行動における特定の症状を呈することによって、著しい苦痛や社会的な機能の低下(機能的な障害)を伴っている状態」とされます。
 ここでは、精神障害を理解するために「精神症状」についてまとめます。



代表的な精神症状

 精神症状としては、「抑うつ」、「」、「不安」、「強迫」、「せん妄」、「記憶障害」、「幻覚」、「妄想」、「思考障害」などが挙げられます。

   
精神症状 説明
抑うつ  気分の落ち込み、精神運動活動が抑制している状態です。気分の落ち込み自体は、健康な一過性の感情です。
  1. 抑うつ障害に代表される症状。
  2. 抑うつ障害においては、抑うつ気分の持続以外にも、「興味の喪失、疲労感・無気力感、 罪責感、希死念慮、睡眠や性欲に対する影響」など、様々な症状が出現し、社会的職業的な機能が著しく障害される。
 気分が高揚し、精神運動活動が亢進している状態です。自尊心は、肥大し、自信にあふれ、活力が亢進します。
  1. 双極性障害に代表される症状。
  2. 目的志向の活動も増加するが、注意は散漫となり、外部刺激により転導する(移り替わる)。
  3. 思考は活発で、多数の考えが頭の中で競い合い、極端な場合は「観念奔逸」が生じる。
  4. 軽躁状態でのお金の浪費・濫費、社交活動の拡大などや、不眠を自覚しない、爽快な気分、不快による易怒性、易刺激性などの症状もある。
不安  漠然とした対象のない恐れの不快感情のことまたは、不快感を伴った安らかではない状態です。
 一方、「恐怖」とは、特定の対象に対する恐れの感情であり、対象によって、高所恐怖、閉所恐怖、対人恐怖、不潔恐怖、などがあります。
  1. 不安は、心的体験としてだけではなく、自律神経症状(頻脈、発汗、口喝など)や、行動(視線移動、足のゆすりなど)にも表現される。
  2. 不安は健康な心理反応だが、現実の問題に対する「現実不安」と、心的事象として予期したことに対する「予期不安」(学習による形成)及び、個人の内的衝動に基づく「神経症的不安」がある。
強迫  感情に裏付けられたこだわり・とらわれ(優格観念)があり、それが繰り返し生じる思考である「強迫観念」とそれを打ち消すために繰り返す「強迫行動」のことをさします。
 優格観念自体は、健康な心理反応ですが、強迫となると不安が引き起り、思考や行動に悪循環が生じます。
  1. 強迫性障害に代表される症状。
  2. 強い不安や苦痛を伴い、長時間を費やすことによって日常生活に支障を生じる。
  3. 強迫行為としては、繰り返しの手洗い、確認行為、過剰な験担ぎ、数字へのこだわり、ごみのため込、性的宗教的なのめりこみなどがある。
せん妄  意識と注意の障害であり、悪性の寝ぼけと言えます。急性の発症、日内・日間変動が激しい事を特徴とし、ほとんどが一過性です。
 意識レベルは変動し、「見当識の障害」がみられることがあり、通常は睡眠や食事のパターンがひどく乱れます。
  1. 不穏の目立つ「過活動型」、無関心、不活発の目立つ「低活動型」、「混合型」がある。
  2. 思考の解体や発語の乱れ、幻覚・妄想・パラノイア(妄想性パーソナリティ障害)を有することがある。
    易怒的・興奮・多動・過覚醒もあれば、静かで内向的という人格および感情の変化もよくみられる。
  3. 原因としては、直接因子としての「治療や治療薬剤」「感染」「電解質異常」「低酸素」などがある。
  4. また、誘発因子としては、高齢や認知症を背景とした「身体的要因(疼痛・脱水・尿路感染症等)」「精神的要因(不安・抑うつ)」「感覚刺激の過剰・過小」「環境変化」「睡眠障害」などがある。
記憶障害  体験した出来事の記銘、保持、想起ができない状態です。下記のような区別がなされます。
  1. 前向性健忘(新しいものに対する障害)と逆行性健忘(過去の保持していたものに対する障害)
  2. 記銘障害(覚えておくことができない)と想起障害(思いだすことができない)
  3. 顕在記憶の障害(エピソード記憶)と潜在記憶の障害(手続き記憶)
幻覚  外的な刺激が存在しないにもかかわらず、真の知覚と区別できない知覚体験をすることです。
 幻視、幻聴、幻味、幻臭、幻触や、身体感覚で表現しにくい体感幻覚があります。
  1. 幻聴は、統合失調症の症状に代表されます。自分の考えが聞こえる「考想化声」などがあります。
  2. 幻視は、「せん妄、レビー小体型認知症、薬物の影響」などでみられます。
妄想  不十分な根拠に基づく強固な確信性があり、説明や反証による「訂正不能」な不合理な信念のことです。
  1. 教育的・文化的背景の観点から考えると不合理であるものをさす。
  2. 統合失調症の症状に代表されるが、一次妄想や二次妄想など種類がある(妄想の種類を参照)



妄想の種類

 妄想とは、不十分な根拠に基づく強固な確信性があり、説明や反証による「訂正不能」な不合理な信念のことです。妄想には、大きく「一次妄想」と「二次妄想」があります。
 一次妄想とは、「突然不合理な思考がうかび、直感的事実として確信される信念」をさします。
 二次妄想とは、「主観的体感に関する、本人なりの意味づけ(発生的了解)として生じる信念」をさします。
 一次妄想と二次妄想の明確な分類は難しいとされてもいますが、一次妄想は5種類に分類されます。

一次妄想 内容
妄想気分 周囲の世界に意味が満ち溢れ、何か恐ろしいことがおきそうな不気味な予感を感じる。
妄想知覚 正常な知覚から直接妄想的な意味づけをする。
妄想着想 突然妄想を思いつく。
妄想表像 とんでもないイメージを抱く。
妄想覚性 途方もないことを察知するが、何も理解できていない。

 主に二次妄想(本人なりの意味づけとして生じる信念)を対象とした、内容的な妄想による分類は下記のものが挙げられます。

妄想の種類 内容
被害妄想・関係妄想 迫害されている(迫害妄想)、つけねらえわれている(追跡妄想)、みられている(注察妄想)といった妄想。統合失調症の症状に見られる。
誇大妄想 高貴な出生である(血統妄想)、大発明を行った(発明妄想)、救世主である(宗教妄想)といった妄想。
微小妄想・虚無妄想 身体的異常がある(心気妄想)、罪深いと確信している(罪業妄想)、財産がない(貧困妄想)といった妄想。うつ病の症状として現れる。
被影響妄想(自我障害) 何かさせられている(作為体験)、頭に考えをいれられる(考想吹入)、考えを奪われる(考想奪取)、考えが周囲に伝わる(考想伝播)など。自他境界感の喪失であり、統合失調症の症状に見られる。

カプグラ症候群:

 カプグラ症候群とは、友人や配偶者、両親その他近親者などが、「瓜二つの外見の別人に入れ替わってしまった」と誤認する妄想です。
 配偶者、両親など自分が愛着を持つ人物が偽物であることが妄想の主題であり、入れ替わった対象(偽物)に対して猜疑的、被害的であることが多いとされます。認知症の周辺症状として現れます。

 カプグラ症候群のほか、「フレゴリ症候群」、「相互変身妄想」、「自己分身症候群」が妄想性人物誤認症候群としてまとめられています。



3 - 精神病理 > 精神症状と診断 >





バナースペース