本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

心理学用語集: 量的・質的研究

6 - 統計・研究法研究法 > 22- 量的・質的研究

 量的研究と質的研究の特徴と、質的研究に用いられる分析方法としてKJ法グランデット・セオリー・アプローチについてまとめます。


量的研究と質的研究

 量的研究と質的研究の特徴についてまとめます。

量的研究:

 量的研究とは、対象を数量を用いて理解する研究といえます。仮説の検証や予測をするために用いられます。
また、多数を対象として共通する一般傾向を明らかにするためにも用いられます(法則定立的方法)。
データを数量化し、統計による仮説的検定や解析を行います。

質的研究:

 質的研究とは、対象を言語的な記録などといった数量で表現できないデータを用いて理解する研究といえます。仮説を立てるために用いられます。
プロセスや文脈などもデータとしてとらえ、特定の対象を多面的、多層的に理解します。
 質的研究においても、主観的にならず、客観性を確保する方法論が工夫されており、KJ法やグランデット・セオリー・アプローチが用いられます。

 質的研究に含まれるものとしては「事例研究法」と「エスノグラフィー」があります。

  1. 事例研究法
     事例研究法とは、ある特定の事象や人物について研究する質的研究のことです。「ケーススタディ」ともいわれます。
    特定の事柄について、多角的、多層的に分析し、そこに働いている諸要因の相互関係を明らかにして、原理や法則性の仮説を立てます。
  2. エスノグラフィー
     エスノグラフィーとは、特定の文化もしくは人間集団の生活様式を調査する質的研究です。
     観察者が観察対象者の生活や業務に参加しながら調査する「参与観察」によって行われます。常にではないですが、参与観察の中でインフォーマルなインタビューを行うこともあります。
     教育学・心理学、医療・看護・福祉などのヒューマン・サービスのフィールドワークの方法論として注目されています。

KJ法とグランデット・セオリー・アプローチ

 質的研究の分析方法として、「KJ法」や「グランデット・セオリー・アプローチ」、「会話分析」があります。
 

KJ法:

 KJ法は、川喜田二郎(イニシャルがKJ)が考案したデータの整理方法です。
収集した言語データをカードに記述し、カードをグループごとにまとめて、統合することで、新たな発想を生み出す方法です。

グランデッド・セオリー・アプローチ:

 グランデッド・セオリー・アプローチは、質的分析方法の一つであり、現象を説明する理論(仮説)を作り出す方法です。
得られた言語データを1行ごとにコード化し、そのコードの分類と関連付けを行うことで理論を作り出します。
日本では、修正版グランデット・セオリー・アプローチによる研究がみられます。

  
会話分析:

 会話分析とは、会話者自身が会話をする中で、作り出し、利用する、秩序性を判別し、定式化しようとする分析方法です。
 会話分析においては、会話の録音・録画、現実の会話を一定のシンボルにしたがって転記した記録である「トランスクリプト」が用いられます。



6 - 統計・研究法 > 研究法 >





バナースペース