本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

心理学用語集: レビンソンのライフサイクル理論(過渡期)

1 - 基礎心理学発達 > 45- レビンソンのライフサイクル理論(過渡期)

 ここでは発達理論として「レビンソンのライフサイクル理論」、「マーシャのアイデンティティ研究」及び、「サクセスフルエイジングの理論」についてまとめます。


レビンソンのライフサイクル理論(過渡期)

 Levinson,Dレビンソン)は、計画サンプリングした米国中年男性のインタビュー調査に基づき、独自のライフサイクル論を展開しました。
 レビンソンは、「人生は約25年つづく発達期が繰り返され、各発達期は互いに重なる約5年の過渡期でつながっている」としています。

 発達期は、4段階で「児童期と青年期」「成人前期」「中年期」「老年期」であるとしています。
 そして、過渡期には「内的世界と外的世界」の変化が起こり、今までの発達期で用いてきた生活構造の作り変えが行われるとしています。生活構造とは、その人の自己と外界の境界にあって、自己と外界をひとつの形にまとめていた構造をさします。
 過渡期としては、下記の3つがあります。

  1. 成人への過渡期(20歳-25歳)
  2. 人生半ばの過渡期(40歳-45歳)
  3. 老年への過渡期(60歳-65歳)
発達期と過渡期
過渡期#1成人 過渡期#2半ば 過渡期#3老年
児童・青年期
0歳-25歳
成人前期
20歳-45歳
中年期
40歳-65歳
老年期
60歳-

中年の危機:

 レビンソンは、中年期には自己の内部だけでなく、外界との関係における葛藤である「若さと老い」「破壊と創造」「男らしさと女らしさ」「愛着と分離」という葛藤が生じると考えました。
 そのため、中年期は危機期である、すなわち「中年の危機」があるとしました。
 このとき、アイデンティティの拡散・喪失が生じやすいため、価値観・人生観の転換によるアイデンティティの再体制化が必要となります。それには、心身ともに変化に対応できるタフネスさや、柔軟性が重要となってきます。

 レビンソンの「中年の危機」に対して、精神医学において「思春期危機(adolescent crisis)」または「青春期危機」という用語があります。
 思春期は二次性徴の出現という身体的・生理学的に大きな変化が生じてくる時期であって、それのみでも精神的に不安定となる要因をはらんでいます。また、生理学的には成熟していても、大人と認められない未熟な存在としか認められない不安定さもあり、青年期とも重なりアイデンティティの課題にもぶつかるため、精神的不安定を招くとされます。




マーシャのアイデンティティ研究

  Marciaマーシャ)は、自我同一性についての研究を行い、「アイデンティティステイタス」(自我同一性の状態)には4つの地位があると示しました。

 4つの地位とは、「危機状態の有無」(迷いや葛藤の時期の有無)と「コミットメント(傾倒)の有無」(危機状態への積極的関与の有無)の組み合わせたものです。下記にその組み合わせをまとめます。

     
説明 危機状態 コミットメント
アイデンティティ確立志向型
 危機状態と積極的な関与を経験し、アイデンティティの確立した状態。 有り 有り
アイデンティティ早期完了型
 自分の本当の希望や判断と向き合っていない不全感の残りやすいアイデンティティ確立。(両親などの意見に従う) 無し 有り
モラトリアム型
 自分が何になりたいのか、どういった職業に就きどのような人生を歩んでいきたいのかを模索している状態。 有り 無し
アイデンティティ拡散型
 自分が何をしたいのか分からなくなり、人生指針の方向感覚を喪失し、アイデンティティ確立に向けた実際的な行動や努力が出来なくなっている状態。 無し/一部有 無し



サクセスフルエイジング

 生涯発達の概念として「サクセスフルエイジング」があります。
 サクセスフルエイジングは、医学では「加齢を伴っても疾患や障害がない、またはそのリスク要因がなく社会参加をしていること」であり、心理学では「成長・発達の視点から想定される良好な状態」とされています。
 良好な状態とは、「自己受容・人生の意味・環境制御・人間的成長・自律性・肯定的人間関係」の要素を示すとされています。

 高齢者が直面する「老い・衰退」に適応し、サクセスフルエイジングを実現するための理論としては下記のようなものが挙げられます。

  1. 「補償を伴う選択的最適化」(SOC:selective optimization with compensation):
     加齢による変化に適応するためには、若い頃よりも狭い領域を探索し特定の目標に絞る「選択:selective」、機能低下を補う手段や方法を獲得して喪失を補う「補償:compensation」、そして、目標に最適な方略を取る「最適化:optimization」という理論。
  2. 「選択的社会情緒理論」:
     人生の残り時間が少なくなると、人々は通常、強い選択を行うようになり、自分の持つ資源を、情動的に満足できるような目標や活動に注ぎ込むようになるという理論。
     こうしたモチベーションの変化は、認知の過程にも影響を及ぼす。よって、加齢により、注意や記憶の過程で、ネガティブな情報よりもポジティブな情報を好んで取り入れるようになる。
  3. 「離脱理論」:
     高齢者は自ら社会からの離脱を望み、社会は離脱しやすいようなシステムを用意して高齢者を解放するべきだという理論。
  4. 「活動理論」:
     高齢者は社会から離脱していくのではなく、中年の頃の活動性を維持していくべきだという理論。離脱理論の逆の考え。
  5. 「持続(継続性)理論」:
     高齢者は、以前からの自己概念や信念等の内的構造と、役割や社会的等の外的構造を維持すべきだという理論。離脱理論と活動理論の対立の解とされる理論。


1 - 基礎心理学 > 発達 >





バナースペース