本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

心理学用語集: エリクソンのライフサイクル理論

1 - 基礎心理学発達 > 44- エリクソンのライフサイクル理論

 ライフサイクル理論といえば、「エリクソンのライフサイクル理論」が一番に思い付きます。ここでは、「ユングのライフサイクル的理論」と「エリクソンのライフサイクル理論」についてまとめます。


ユングのライフサイクル的理論

 ライフサイクルとは、人生の経過を円環に描いて説明したものです。最初にライフサイクル論的なものの見方をしたのはJung,C.G(ユング)だといわれています。

 ユングは、ライフサイクルを「少年期」、「成人前期」、「中年期」、「老人期」の4段階に分けました。
問題になる時期は「成人前期と中年期」であり、最大の危機は中年期の転換期にあるとしました。

 男性は、40歳までは、色々なものを犠牲にしながら、社会的成功を目指し突き進んでいきますが、40歳前後で「人生の正午」を迎え、今のまま、未来が永遠に続かないことに気づきます。そして、40歳以降は、今まで犠牲にしてきたものを、もう一度自分の中に取り戻していくことが必要だと述べました。
 この後半の過程を、「個性化の過程」と呼んでいます。



エリクソンのライフサイクル理論

 Erikson,E.Hエリクソン)のライフサイクル論は、Freud,Sの発達論が、思春期までを対象とし、心理-性的・心理-生物学的であったのに対し、個人の発達は社会との相互作用で起こるとする「心理-社会的側面」を重視し、生涯発達理論に拡張したものです。

 この理論では、各機能の発達には臨界期があると考える生物学的漸成説を基盤とし、それぞれに特定の人生課題=発達課題がある8つの「発達段階」を質的変化の過程として捉えました。
対人関係的、社会的活動の基盤となる心理特性の獲得が各発達段階で求められます。

以下に、8つの発達段階と、その段階における「心理社会的課題と危機」、課題を乗り越えることで「獲得するもの」、フロイトの「心理性的発達理論との関係」についてまとめます。

     
発達段階課題と危機 獲得
1.乳児期
(0歳-2歳)
基本的信頼/不信 希望

[口唇期へ対応]
母親の無条件の愛=>自己への信頼へ

2.幼児期
(3歳-4歳)
自律性/恥、疑惑 意思

[肛門期へ対応]
親の内在化=>失敗:恥、疑念へ

3.遊戯期
(5歳-7歳)
自発性/罪悪感 目的

[男根期へ対応]
衝突による敗北感や罪悪感を受ける

4.学童期
(8歳-12歳)
勤勉性/劣等感 有能感

[潜伏期へ対応]

5.青年期
(13歳-22歳)
自我同一性/拡散 忠誠性

[性器期へ対応]

6.前成人期
(23歳-34歳)
親密性/孤独

自分と他者の同一性の共存、融合

7.成人期
(35歳-60歳)
生殖性(次世代育成能力)/停滞 世話

Generativity(ジェネラティビティ:次世代の育成能力、生成継承性、生殖性)

8.老年期
(61歳- )
統合性/絶望 英知


自我同一性(アイデンティティ)

 エリクソンのライフサイクル理論の発達課題の中で最も重要な概念は、青年期に獲得か拡散の危機を迎えるとされる「自我同一性(アイデンティティ)」です。
 アイデンティティとは、「自分は一体何者かという自問に対する肯定的かつ確信的な回答を持っていること」です。
その回答には時間的一貫性と空間的自他境界の明確さがあるとされます。

 そして、自我同一性の形成のために社会から与えられる猶予期間を「モラトリアム」といいます。また、文化に価値の多様性と選択性があって、初めて自我同一性の危機が生じるともいわれます。

 「アイデンティティの拡散(混乱)」とは、「自分の人生において責任のある主観的選択ができず、自己嫌悪感と無力感を持ち、時間的展望の喪失、労働麻痺に特徴付けられる状態」です。
 現在、マスメディアなどで取り上げられやすい心理的問題であるひきこもり、不登校、ひきこもり、ニートなどもアイデンティティ拡散と密接な関係のある問題と言えます。



1 - 基礎心理学 > 発達 >





バナースペース