本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

心理学用語集: 身体症状症

3 - 精神病理神経症性障害・ストレス関連障害 > 55- 身体症状症

 ここでは、DSM-5の「身体症状症および関連症群」についてまとめます。
また、混同しやすい「心身症」との違いについてもふれます。



身体症状症および関連症群

 身体症状症および関連症群には、「身体症状症」、「病気不安症」、「変換症(転換性障害)」、「作為症(虚偽性障害)」が含まれます。
基本的には、患者の訴える身体症状が、「一般身体性疾患や物質作用で説明できないか、原因からの予測をはるかに超えている」という特徴があります。

障害名説明
身体症状症  苦痛を伴い、日常生活に混乱を引き起こす複数の身体症状を有する障害です。身体症状や健康への懸念に関する過度な思考や不安、行動を有します。
病気不安症  重い病気にかかっている、かかりつつあるという過度なとらわれがある障害です。身体症状はしないまたは、存在しても軽微であり、その過度なとらわれとは不釣り合いなものです。
変換症
(転換性障害)
 複数の運動機能や感覚機能の変化がみられる障害です(例:麻痺や歩行障害、視覚障害など)。旧来の転換型ヒステリーの症状です。
作為症
(虚偽性障害)
 身体的または心理的な徴候や症状の捏造や意図的誘発をする障害です。詐病のような経済的利得や責任の回避などの外的報酬がないものを言います。


身体症状症の援助方法:

 援助の方法は、病態説明と症状の保証を行うことであり、薬物療法は、限定的とされています。
 リラクセーション法などの身体的アプローチもとりうるとされます。



心身症

 心身症とは、「心理社会的要因によって、器質的ないし機能的障害がみとめられる病態」をさします(日本心身医学会参照)。
身体症状症とは異なり、一般身体性疾患の診断が確定していることが必要となります。
 心身症の例としては、「胃潰瘍、過敏性腸症候群、片頭痛、不整脈、月経不順」などが挙げられます。       
 治療法としては、身体症状に対する治療を行いますが、さらに、心理状態と身体機能のつながり(心身相関)の観点から、心理面による治療も行います。

  1. 治療法としては、「抗うつ薬を主とした薬物療法」と、「認知行動療法」、「リラクセーション法(自律訓練法)」などの心理療法が行われます。
  2. 心身の状態を把握するために、症状に対する日誌をつけると診察や治療に役立つとされています。頭痛に対しては「頭痛日誌」として、痛みの頻度や長さ、強さ、部位、その他の症状などを記録します。

アレキシサイミア(失感情症):

 心身症の機序を理解するための概念として、Sifneos,P.E.(シフネオス)らによって1970年代に提唱された「アレキシサイミア(失感情症)」があります。
 「アレキシサイミア」とは、「自らの感情認知とその表現にかけている状態」をさします。
 自らの感情を自覚・認知したり表現することが不得意で、空想力・想像力に欠ける傾向を持ちます。身体症状や事実関係については執拗に述べるものの、それに伴う感情を言語化することができず、情動の体験と表現が制限されていることを特徴とします。
 神経生理学の観点からは新皮質(知性)と大脳辺縁系・視床下部(情動)が乖離していることによるものと考えられています。また、発達の観点からは、乳幼児期における養育者との情緒応答性の障害に起因するとも考えられています。




3 - 精神病理 > 神経症性障害・ストレス関連障害 >








バナースペース