本文へスキップ

公認心理師・臨床心理士・心理職(心理系公務員)を目指す方々のための「心理学用語」を説明したサイトです

公認心理師試験用語集: 心身機能と身体構造

3 - 精神病理その他 > 82- 心身機能と身体構造

 ここでは、医学の基礎知識として、ヒトの「身体機能と身体構造」についてまとめます。

用語:成長と発達老化による変化更年期障害)/ 人体の構造や機能生理・生殖機能など



ヒトの成長・発達と老化
成長と発達による変化:

 成長とは「身長や体重など測定可能な形態や量の変化」を意味します。
 発達とは「運動機能や精神機能など質の変化」を意味します。
 成長・発達は、「個人の遺伝的要因と環境の相互作用の影響」、または「生物・心理・社会的な影響」を受けます。

<成長・発達による身体的変化>
 (関連:乳幼児の発達

  1. 身長は、生後1年で1.5倍に、体重は、3000gから10kgと約3倍に増加する。身長増加は思春期スパート後に停止。
  2. 粗大運動の発達では、3〜4カ月で「首がすわる」、7〜8カ月で「おすわりができる」、8カ月で「はいはい」、12カ月で「立ち」、12〜15カ月で「歩く」、2歳ごろには「両足で飛べる、階段を上れる」、3歳ごろには「全身運動ができる」。
  3. 微細運動の発達では、4〜6カ月で「手全体でつかむ」、1歳で「つまむ」、1歳半で「殴り書き」、2歳で「直線を引く」、3歳で「ハサミを使う」。
  4. 視覚は、2歳ごろまでに解剖学的基礎が完成、3歳で6割、5歳で8割以上が、視力1.0以上となる。
  5. 聴覚は、2歳ごろまでに解剖学的基礎が完成、5歳〜6歳で成人レベルとなる。
老化による変化:

 老化とは、「加齢に伴い、身体の恒常性が変化し崩壊する一連の過程」を意味します。
 「加齢による、意図しない衰弱、筋力の低下、活動性の低下、認知機能の低下、精神活動の低下など健康障害を起こしやすい心身の脆弱な状態」のことは「フレイル」と呼ばれます。
 フレイルに陥った高齢者を早期に発見し、適切に介入をすることにより、生活機能の維持・向上を図ることが期待されています。

<老化による身体的変化>

  1. 運動神経伝達速度が低下、骨格筋の筋肉量減少(サルコピニア)、筋力低下。運動機能は低下。
  2. 視覚、聴覚、平衡感覚、嗅覚、味覚は加齢により低下。
  3. 心筋が肥大し心臓の重量は増加。最大心拍数は低下、肺活量は減少。
  4. 消化器系運動機能の低下。それによる慢性便秘になりやすくなる。
  5. 嚥下反射が低下し、誤嚥が起こりやすくなる。
  6. 尿の希釈、濃縮力が低下。結果、排尿障害になりやすくなる。
  7. 骨髄中の造血幹細胞は減少。男性ホルモンや女性ホルモンなどは減少。性機能の低下。(甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンは加齢の影響を受けにくい。)
  8. 女性は、更年期(閉経の前後5年間)に、自律神経失調症状や精神的症状などといった更年期障害が現れることもある。
    ( 補足: 更年期障害
  9. 睡眠覚醒リズム(概日リズム)は、前進(早寝早起き)、睡眠効率は低下、レム睡眠が減少。中途覚醒は増える。

<老化による精神の変化>

  1. 近時記憶(最近の記憶)の障害が目立つようになる。遠隔記憶(昔の記憶)は障害がみられにくい。
  2. アルツハイマー認知症では、近時記憶とエピソード記憶障害があり、記憶障害に対する自覚を欠くこと(病態失認)が多い。
  3. 知能のピークは60代頃にあると推定されている。結晶性知能である言語性IQは変化が少ない。流動性知能である動作性IQは低下する。(参照:知能と発達

人体の部位・各器官等の構造と機能

 「人体の構造と各器官の機能」、および「その他の機能」についてまとめます。
 男性と女性では、生殖器のみならず、全身の骨格や臓器の形態に差異が認められ、「性差」があります。


人体の構造や機能:
構造・器官説明
骨格構造 全身の骨格は、「体幹(頭蓋、脊柱、胸骨)」と「体肢(上肢、下肢)」よりなり、可動性のある関節結合と可動性のない不動結合でつながっている。
 骨格を動かす筋は「骨格筋」と呼ばれ、心臓の心筋や内臓の壁は「平滑筋」と呼ばれる。
血液血液は、体重の約12分の1である(60kgの人は5リットル)。
 血液は、血球(赤血球、白血球、血小板)と血漿からなる。
呼吸器系 気道と肺からなる。肺は肺胞が集まっており、肺胸膜に覆われている。
循環器系 心臓から全身に血液を送る「体循環」と、肺に血液を送る「肺循環」とに別れる。
  1. 体循環:
    心臓(左心房-左心室)→大動脈→動脈→毛細血管→静脈→大静脈→心臓(右心房-右心室)
  2. 肺循環:
    心臓-右心室→肺動脈→肺→肺静脈→心臓-左心房
*動脈とは、「心臓から押し出される血液の流れる血管のこと」。「肺動脈」とは、心臓から肺へ押し出される血管。
リンパ系 リンパ器官(リンパ節、リンパ管、胸管など)からなり、リンパ液の生成及び、組織の血液成分の回収・移動を担う。
 血液やリンパ液、リンパ節に存在するリンパ球が、免疫系を構成。
内分泌系 ホルモン分泌器官としては、「視床下部」「下垂体(前葉・下葉)」「甲状腺」「副腎(皮質・髄質)」「性腺(卵巣・胎盤・精巣)」「膵臓」などがある。
神経系 神経組織は、「神経細胞=ニューロン(神経細胞体、樹状突起、軸索)」と支持細胞からなる。「シナプス」とは、神経細胞間の情報伝達部分(送信・受信部分)である。
 神経細胞間の情報伝達は、細胞膜興奮による活動電位が軸索突起まで達して、シナプスから化学物質が放出され、次の神経細胞のシナプスの受容体に結合することで行われる。
 中枢神経は、脳と脊椎にわけられる。脳の構造と脳神経については、「基礎心理学:脳の構造とその機能」を参照。
感覚器系 感覚には、「視覚(目)」「聴覚(耳)」「嗅覚(鼻)」「味覚(舌)」「平衡感覚」「体性感覚(温・冷覚、痛覚、触覚、圧覚、深部感覚など)」がある(基礎心理学:感覚・知覚)。


生理機能などその他の機能:
構造・器官説明
生理機能 生理機能とは、生命維持に必要な機能のこと。循環、呼吸、消化、内分泌、体温調節、排泄などを指す。
「病態生理」とは、生理機能が病的な状態と、その異常の原因のことを示す。
生体恒常性/
ホメオスタシス
 ホメオスタシスとは、生体が、身体的、生理的状態を一定に維持しようとする働き(Cannon,W.Bが命名)。
 具体的には、「体温の恒常性、血圧の恒常性、血糖の恒常性」があり、恒常性を保つ役割を担うひとつが、自律神経系。
 自律神経系の詳細については、「神経細胞の構造とその機能」参照。
生殖機能 女性には下記のような性周期がある。
  1. 生殖年齢の女性は、約1カ月の性周期で1個の卵胞が完全に成熟する。
  2. 卵胞がエストロゲン(女性ホルモン)を分泌し、子宮粘膜が増殖して厚さをます。
  3. 卵胞から、卵子が排卵されると、卵胞は変化し黄体となり、エストロゲンとプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌される。
  4. 妊娠・着床がない場合は、12日〜14日に月経が起こる。妊娠・着床が生じると、38週後に分娩が起こる。36週前の分娩は早産とされる。
 女性は閉経以降に女性ホルモン(エストロゲン)が低下し、骨粗鬆症の原因となる。



3 - 精神病理 > その他 >





バナースペース